So-net無料ブログ作成

dream #2 [DREAMS]



陽が沈みかけた夕方、私は立ち上がって、何気なく窓の外を眺めた。
すると前方左側100メートル程離れたところに、巨大な岩のような物体が出現していた。

岩のような物体は、薄い灰色と濃い灰色の上下二層が地層のように分かれていて、
縦に筋状の細かい亀裂が走っていた。

物体は住宅地の中で、家と家の間の道路上に、その姿の一部を現していた。

私はリビングのソファに座り直し、この状況が夢なのか現実なのか考えた。
あまりにも、今いる部屋の空間がリアルだ。私は再び立ち上がって部屋の中を歩き回った。
間違いなく現実の部屋の中に居る。そして再びソファに座り直した。
両手で自分の頬を撫でてみたが、しっかりとした皮膚感覚もある。軽くつねると、軽く痛かった。
間違いない。これは現実だ。

仕切りが開け放たれた、左隣の部屋の窓を通して、物体の様子を眺めてみた。
その物体は、どうやら氷のような雪で出来ているようだ。

私は以前からよく見ていた夢のことを思い出した。その夢の感じによく似ているのだ。
その夢とは、黒くて不気味な雲がモクモクと前方に立ちこめているという、あの夢のことだ。
雲は稲光を光らせ、頭上すれすれまで高度を下げながら、ゆっくりとこちら側へ接近してくる。
そして近隣の家という家を次々と破壊し、やがて家の中にまで侵入し、私は逃げ惑う。

いや、これは夢だろう。そう思った瞬間、物体が動き出した。やはり、これは夢だ。
夢であれば何でも可能になるはずである。まず何を可能にすべきだろうか...。
一瞬、エロい事が脳裏を過ったが、思いとどまった。

今、私が最も必要としているものは何だろう。私は立ち上がって、ウロウロ歩きながら考えた。

すると突然、物体の一部が壁を突き破って部屋の中に侵入し、
猛スピードで、そのまま右側の壁を突き破って出て行った。

なんてことをしてくれるんだ...。

物体は氷で出来ているようだ。
壁を破ったときの衝撃で一部が破損し、破片が飛び散っていた。

そして物体の第二波が、今にも部屋の中に侵入しようと待機している様子が、
大きく破かれた壁の外に見えていた。

外はすっかり陽が沈み、辺りは闇に包まれようとしていた。
赤や緑の電球のようなライトが8つ、物体から光り始めた。

私は、これが夢である、という認識があるおかげで、全く恐怖心を持たずにいられた。

再び物体の一部が部屋に侵入してきた。
私は物体を蹴飛ばし、パンチを食らわした。氷というよりも、固めの雪で出来ていて、
素手でも破壊させられそうだ。
次から次へと物体が侵入してきたが、私はパンチとキックで応戦した。

物体を破壊していくうちに、雪の中に埋まった、人形のような地球外生命体が姿を現しはじめた。
それは、雪の物体から片腕を突き出していた。

私はその片腕を、まるでロープでも結ぶかのように腕自体を、止め結びで結んだ。
それが果たして効果的なのかどうかは疑わしいが、
「どうだ。これで手出し出来ないだろう」と言ってやった。
物体から何やらブツブツ聞こえてきたが、何を言っているのかさっぱり分からなかった。
「人の部屋をこんなにしやがって、一体どうしてくれんだ。まったく...」
そう言いながら部屋の中をぐるりと見回すと、部屋の中に、
『2001年宇宙の旅』で出てくる冬眠カプセルのような、カプセルが置いてあった。

カプセルの中には、フリースのような素材の、ウエットスーツのように上下がつながった、
フロントジップアップのスーツと、白人男性のようなマスクが入っていた。

***************************************************************************************************
...と、ここで目が覚めました。
なんともワケがわからない夢で、自分でも意味が分かりません。

dream #1 [DREAMS]

新たに”DREAMS”というカテゴリーを設けました。
日々見る何気ない(とるに足らない)『夢』を記述してゆこうと思います。
まずは今日見た夢から...

----------------------------------------------------------------------------------------



出張で都会から遠く離れ、山と海に囲まれた小さな町に来ている。
(自分がなんの仕事をしているのかは分からない)
今日は仕事が休みで、曇り空の中、一人で散策していた。

私はグレーのパーカーに黒のダウンジャケットを着込み、
デニムパンツに白のスニーカーを履き、
グリーンのバックパックを背負って歩いている。
バックパックの中にはコンビニで買った弁当とジュースが入っている。

片側一車線の国道の、前方右手に青い海が見える。
左手は山で、すっかり葉を散らした木々ばかり。
やはりバスに乗ればよかった、と少し後悔した。

ひたすら緩やかな坂を下っていると、その先に商店街の交差点が見え、
私は小走りで交差点を目指した。

海沿いの小さな町。
この交差点は繁華街の中心地だろうか。
制服を着た下校途中の高校生たちとすれ違う。
見慣れぬ私の顔に、物珍しそうに振り返る高校生の一人が笑った。

髪型も顔の色も制服の着こなしも、何もかもがどこか違う。
なんというか、だらしないのだ。
その「だらしなさ」は私に非日常を与え、不思議と心地良かった。

交差点の横断歩道を右折すると、アーケードが見えた。
私はその中の、雑貨屋らしき店の入り口をくぐった。
薄暗くてホコリっぽい廊下の脇に、いくつかの小さな部屋があった。
どうやらここは総菜屋らしいが、店員が一人も居ない。

ひとつの部屋に入ると、中はやはり薄暗く、
微かな照明に照らされた三畳間くらいのスペースに、
一つだけ白いクロスが掛けられたテーブルが置かれてあり、
皿の上にピザやら、海老フライなどが並べられてあった。
おなかが減っていたので美味しそうに見えたが、
コンビニで買った弁当があるので、買おうかどうか迷った。
それにしても店員は何処に居るのだろうか。
部屋の中で二匹のハエが飛んでいたが、
そのうちの一匹が海老フライの上にとまった。

私は店を出た。
少し日が射してきたようだ。

隣の店は食堂か何かだろうか。
黒く塗られた板壁に、赤字の筆書きで店名が書かれてある。
店の前で、それぞれ違う制服を着た店員らしき女性が四人、談笑していた。

その内の一人の、体格が良くて勝気そうな店員が私に声をかけてきた。
「イタリアン如何っすかー」
他の三人が笑った。
「パスタ如何っすかー」

私は笑顔で「明日...。明日来ます」と言った。
店員は笑いながら「うまい!断り方がうまいなー」と言った。
私は笑いながらその場を離れた。

視線の左手に防波堤と階段が見えた。
あの防波堤を越えると眼前に海景が広がるのだろう。
私はとりあえず、海を見ながら弁当を食ることに決めた。
先ほどの店員が店の前で、私に向かって何かを叫んでいた。
何を言っているのか分からなかったが、私は彼女らに手を振った。


----------------------------------------------------------------------------------------

...ここで目が覚めました。

本当にとるに足らない夢です。
(お読み頂き有り難うございます)
これからもこのような「とるにたらない夢」を記述してゆきますが、
なるべく現実の自己像や自分の記憶と
あまり接点の無い夢を掲載できればと考えています。
(掲載後、削除するかもしれませんがご了承下さい)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。