So-net無料ブログ作成
検索選択

#22 [paperworks]



pw06.jpg



Acrylic on Paper 21cm×30cm



12. 2007







ⓒHikaru

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

#21 [paperworks]



P1020918.jpg



紙(21cm×30cm)/アクリル



12/2007







(C) Hikaru

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

#20 [paperworks]



pw09.jpg



Acrylic on Paper 21cm×30cm



26.12. 2007







ⓒHikaru

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

#19 [paperworks]



pw08.jpg



Acrylic on Paper 21cm×30cm



26.12. 2007







ⓒHikaru

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

0030 [paintings]



P1040086.jpg







P1040092.jpg





Acrylic on Canvas 73cm×61cm



Unfinished





(C) Hikaru

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

#18 [paperworks]



pw07.jpg



Acrylic on Paper 21cm×30cm



23.12. 2007







ⓒHikaru

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

#17 [paperworks]



pw05.jpg



Acrylic on Paper 21cm×30cm



26.12. 2007







ⓒHikaru

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

PRESENCE #2 [reflections]



「それ」は常に、再現することでしか表現できない。

そもそも完全な再現すら不可能に近い。

芸術家は「再現」の代替品を創り、代替品のヴァリエーションを創る。

そこには決して満たされることのない「想い」だけが美的に表象される。

鑑賞者はその「想い」を自己流に、あるいは客観的に共感するだろう。



否、再現が完成されたとしても、満たされることはないだろう。

それは完成されたときから形骸化され、運が良ければ保存される。



否、そもそも、芸術は別のところに在る。

「それ」はマイケルジャクソンパフォーマンスのように観衆を熱狂させ、

モーツァルト音楽のように、心地よく涙を誘うように、

人々の心の中に、何の意図もなく、高速で浸透するだろう。

時代に関係なく、人間にはそのような感動が必要だ。



”「無」からの反動により可視的になる”

”接近すると同時に同化し、「そのもの」となる”





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

untitled #224 [photos◇BW]



P1000090.jpg









P1000092.jpg





nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

untitled #223 [photos◇BW]



P1020600.jpg






nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。